経営の合理化!回転寿司がタッチパネルを採用した3つの理由 | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

経営の合理化!回転寿司がタッチパネルを採用した3つの理由

adpDSC_3054-1

回らない回転寿司が主流になった近年ですが、回転寿司にタッチパネルが登場したのはいつ頃なのでしょう。どうして回転寿司チェーンはタッチパネルを導入したのでしょう。

回転寿司のタッチパネル(セルフオーダーシステム)登場の歴史と理由をお届けします。

コンテンツの目次

回転寿司の歴史

bg_kaitenzushi

回転寿司の発祥は1958年に白石義明さんのアイデアで誕生した「廻る元禄寿司1号店」でした。そこで日本初のベルトコンベアで流れる回転寿司が始まりました。

1978年に「コンベア旋回式食事台」の特許が失効したくさんの企業が回転寿司に参入しました。

回転寿司にタッチパネルが登場したのは2005年のかっぱ寿司でした。ベルトコンベアでネタを流すのが当たり前だった回転寿司業界にとっては革新的な出来事でした。それからも回転寿司業界の技術革新は続きます。

その後も「特急レーン」、「皿の自動カウント機能」、「自動皿回収」など、様々な技術的革新が起こります。

回転寿司がタッチパネルを採用した理由

現在ほとんど全ての回転寿司店でタッチパネル(セルフオーダーシステム)が採用されているのはなぜでしょう?またなぜ回転寿司の技術革新が飲食業界に影響を与えているのでしょう?

人件費の削減

cost_cut_sakugen_text

回転寿司の技術革新の根本的な理由は人件費をかけられない状況からでした。経費を削減しながら、効率的な経営をするためにベルトコンベアが発明されたのです。タッチパネルも同じように、職人が注文を取る非効率的な部分を合理的に解決する妙案でした。

これによってお客さんの数に比例して人件費がかさんでいく非効率的な事態を解決しました。

注文率が上がる

30dd86c936e4ade85d27ef6278be6b85_s

職人がレーンの中に立って寿司を握っていた時には、店が込み合っていれば、気を使って注文しずらく、また職人も注文を忘れてしまうというミスも起こっていました。

しかしタッチパネルが導入されてからはお店が混んでいても気兼ねなく注文が出来、システムで管理されているので注文を忘れるという人為的ミスも激減しました。

会計作業も簡略化

現在では完全にタッチパネルのみでオーダーする「回らない回転寿司」も増えています。今まではひとテーブルごとに店員を呼んで皿を数えてもらい、札を持って会計に向かうのでお客さんにとっても手間がありましたが、今はシステムが自動管理しているので非常にスムーズです。

まとめ

回転寿司の様々な技術革新は「経営の合理化」でした。人件費を削減し、お客さんの利便性を向上させる妙案です。そんな回転寿司チェーンのほとんどが採用しているのがタッチパネル(セルフオーダーシステム)でした。

お客さんも気兼ねなくオーダーでき、また会計作業もスムーズになります。またお店側としても繁盛に合わせてかさんでいく人件費を削減することができます。

そんなタッチパネル(セルフオーダーシステム)が現在では回転寿司のみならず、居酒屋や様々な飲食店で利用されるようになりました。

セルフオーダーシステムを導入するならFreePOSがオススメです。

FreePOSならセルフオーダーシステムとPOSレジと連動したシステムを一括で導入可能。
タブレット端末にアプリをインストールするだけで簡単に導入できます。セルフオーダーシステムの導入はお気軽にお問い合わせください。

軽減税率対策補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

サイト内検索