2018年「IT導入補助金」最新情報発表 | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

2018年「IT導入補助金」最新情報発表

2017年度に行われ好評だったIT導入補助金(平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)が2018年度も実施されることが3月28日に発表されました。交付申請期間は2018年4月20日(金)〜6月4日(月)まで。(二次公募は6月中旬、三次公募は8月中旬に交付申請開始の予定)。
規模は2017年の100億円から2018年は500億円となんと5倍の規模へ変化しています。
上手くIT導入補助金を活用し業務の効率化するために最新の情報をお伝えします。
正式な発表はまだ行われていません。先日発表された概要です。
IT導入補助金対象ソフトにオフィス24のBeSALO、BeEXTE、BeSHOKU、ReTELAが認定されました。

2018年IT導入補助金

コンテンツの目次

IT導入補助金とは?


IT導入補助金とはどのような制度なのでしょうか?
正式名称は「サービス等生産性向上IT導入支援事業」と言います。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものと定義されています。
(参照:IT導入補助金HP

IT導入補助金とは

T導入補助金はお客様(事業者)が直接申請するものでなく、登録・認定をうけた「IT導入支援事業者」 が代理で申請する補助金です。弊社は昨年度認定を受け補助金申請してきました。今年度も認定登録を行う予定です。

2.2017年と2018年の比較


IT導入補助金は冒頭でも記載した通り2017年度も行われました。しかし、予算規模や1件当たりの補助率も変更されています。

2018年 2017年
官庁 経済産業省 経済産業省
補助総額 500億円 100億円
補助対象者 中小企業・小規模事業者 中小企業・小規模事業者
想定利用者数 10万社以上 1万社程
対象サービス サービス、ソフトウエア導入費 サービス、ソフトウエア導入費
1件当たりの補助率 総額の1/2 総額の2/3
1企業当たりの補助額 15万~50万円 20万~100万円

総額が5倍になり、大きく数字を伸ばしています。しかし、1件当たりの補助率が2/3から1/2へと下がっているので1企業が補助で受けられる金額(Max金額が100万→50万円)が減少しています。この変更により昨年より多くの企業がこのIT導入補助金の恩恵を受けられそうです。

3.対象サービス


サービス、ソフトウエア導入費が対象サービスとなっているのでなんでもOKというわけではありません。もちろん認定されたサービスでないといけません。

弊社では5つのサービスが昨年登録されました。今年度も登録予定です。

2018年4月20日(金)から一次公募が始まることが3/28日に発表されました。
まずはお気軽にご相談下さい。
下記のようなご質問もお待ちしています。

  • 自社が補助対象企業なのかわからない
  • どのサービスを導入すれば良いのかわからない
  • IT導入補助金について詳しく聞きたい
軽減税率対策補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

投稿日: 2018/03/28

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

サイト内検索