小売店舗マーケティング
カメラの映像をAIで分析

人流分析システム
エーアイ フリューエンス ライト

エーアイ フリューエンス ライト

責任者・店長の経験則ではなくデータに基づいた売場改善が可能

  1. ホーム
  2. 小売店舗マーケティング 人流分析システム「AI flewence Lite(エーアイ フリューエンス ライト)」

カメラの映像をAIで分析する
「AI Flewence Lite(エーアイ フリューエンス ライト)」とは?

  • カメラの映像をAIで分析する「AI Flewence Lite(エーアイ フリューエンス ライト)」とは?
  • 特定の空間を通過する人々の流れを追跡して分析する人流解析システム(People Flow Analysis System)です。

    主な分析項目

    • 入店者数

    • 入店率

    • 滞在エリア

    • 男女・年齢

    • 混雑箇所

    • 通行量

    カメラの映像をAIで分析する「AI Flewence Lite」ではビデオ監視を使用しデータを収集します。 収集されたデータは、行動を数値化し、マーケティングや経営における意思決定を支援するために利用できます。

AI flewence Lite デモ動画

店舗マーケティングに利用できる画像解析の機能について紹介します。

店舗マーケティング 人流画像解析「AIflewenceLite」IN/OUT機能紹介

小売店・店舗でのよくあるお悩み

  • 経験則に頼った売場改善は失敗も多い…

    経験則に頼った売場改善は失敗も多い…

  • 来店者の情報も売場改善に役立てたい!

    来店者の情報も売場改善に役立てたい!
  • 店舗前の看板やのぼりはどれくらいの人がみているのだろう?

    店舗前の看板やのぼりはどれくらいの人がみているのだろう?

  • 主婦層が来る時間は?曜日は?どのルートを通るのだろう?

    主婦層が来る時間は?曜日は?どのルートを通るのだろう?

カメラの映像をAIで分析する
「AI Flewence Lite」で解決できます。

  • 入店者数を計測

    リアルタイムに入店した人数をカウント。入店だけでなく、フロアごとの入場カウントにも設置したカメラごとに計測。

    入店者数 人流データ活用例
    • 時間帯ごとに何名が来店したか
    • 来店者数と売上、購入商品の関係性の把握 など
  • 入店者数を計測
  • 入店率分析

    店舗の出入口カメラを設置。通行者数と入店者数を計測し、入店率を割り出し。

    入店率 人流データ活用例
    • キャンペーン看板やサイネージの効果測定
    • 曜日・時間帯・近隣イベント開催時の通行量のカウント など
  • 入店率分析
  • 滞在エリア分析

    どのエリアにどのくらいの人数が集まったかを計測。IN、OUTラインを指定することで詳細な分析。

    滞在エリア 人流データ活用例
    • 導線・セール品などの設置場所を把握
    • 混雑するエリア・人の流れの理解 など
  • 滞在エリア分析
  • 属性分析

    男女別・年代の属性をデータ化。

    属性 人流データ活用例
    • 男女、世代ごとのニーズ分析
    • フロアやエリアの導線作成 など
  • 属性分析
  • 混雑箇所の特定

    エリア別の混雑状況を可視化。いつ、どこで滞留するのかを分析。

    混雑箇所 人流データ活用例
    • 顧客の隠れた不満を把握
    • 店舗レイアウトの改善 など
  • 混雑箇所の特定
  • 新店出店時の通行量調査

    出店予定の物件出入口などにカメラを設置。通行量・世代・属性を計測。

    通行量調査 人流データ活用例
    • 曜日・時間帯ごとの通行量、属性を分析
    • 商圏データではわからないリアルなデータ抽出 など
  • 新店出店時の通行量調査
  • POSデータ連携

    POSレジとデータ連携することで、来店者数と購入者数をカウント。来店率、購買率といった潜在顧客を割り出し。

    POSレジ 人流データ活用例
    • 来店者数のうち購買者数(購買率)を把握
    • 売上ポテンシャルの算出 など
  • OSデータ連携

カメラの映像をAIで分析する
「AI Flewence Lite」の特徴

  • 手軽に画像認識・人流解析

    •  一般の市販防犯カメラ(IPカメラ)をPCにつなげるだけ。
      ピープルカウントと性別/年齢推定。
      ※既にIP防犯カメラがある場合は流用できます。
    •  シンプルな操作画面(UI)で専門知識も不要。簡単に。
      カメラに接続、IN/OUTラインを描画してスタート。
    •  ランニングコスト不要。
      ※保守サービスご希望の場合は別途年額費用がかかります。
  • 手軽に画像認識・人流解析
  • 最大4つのカメラまで同時接続、
    リアルタイムで状況確認

    •  最大4台まで同時接続が可能で、出入口が複数個所ある場合も対応。
    •  4台を統合して分析結果をリアルタイム表示。現在の店舗内状況が一目で分かる。
  • 最大4つのカメラまで同時接続、リアルタイムで状況確認
  • IN/OUT設定

    •  カメラ画像にIN/OUTラインを引いて、ラインを通過した人のカウント、推定年齢・性別を表示。
    •  カメラの映像を見ながらラインを引けるため、より厳密な設定が可能。
    •  モニタを見ながらカメラの切り替え、ラインを引ける。
  • IN/OUT設定
  • V字線により柔軟なカウント

    •  直線のほか、V字線を引けることで自由度の高いIN/OUT設定。
    •  エスカレーターやエレベーターからフロアへの入場カウントやゲートを通過したかなど場に応じて様々な利用方法。
  • V字線により柔軟なカウント
  • 蓄積されたログから分析が可能

    •  ログはcsv形式でアウトプット可能。
    •  管理画面から属性、日別で絞り込み検索。
    •  曜日や時間帯、またはカメラ(入口)ごとによるIN/OUTカウント、性別/年齢の傾向を分析してマーケティングに活用。
  • 蓄積されたログから分析が可能
  • 専用管理画面

    •  来客データを効率的に分析するための専用UIでエリア別、男女別、年齢別、曜日別などをグラフで表示。
    •  CSVデータのため、他のツールにも簡単に取り込み、加工が可能。
  • 専用管理画面

カメラの映像をAIで分析する
「AI Flewence Lite」の構成

1店舗、スモールスタートが可能

店舗マーケティングシステムの構成
PAGE TOP