飲食店ハンディの選び方 | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

飲食店ハンディの選び方

飲食店用ハンディ端末
飲食店のホールで見かけることのある「ハンディ」(オーダーエントリーともいいます)。持ち運びできて、オーダーを取るのに便利ですが、購入するとなると意外に高額で二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?ここではハンディを使うことで具体的にどんなメリットがあるのか?また低コストでハンディを導入する方法を紹介いたします。

コンテンツの目次

飲食店用ハンディとは?


ホールスタッフが、お客様のテーブルで注文を聞き、専用のハンディ端末に入力して厨房へ注文内容を送るオーダーシステムの事です。 ハンディ・オーダーエントリーを導入することにより、ホールスタッフの業務効率の改善から、キッチンでは注文のメニュー・数量・順番が明確になることで調理ミスの減少など、 また注文内容はレジと連携するので会計時の清算業務の緩和が図ることができます。
飲食ハンディ、ホールから厨房へ

POSレジとハンディの選び方


POSレジハンディシステム(オーダーエントリー、オーダー端末、オーダーエントリーシステムといった呼び方もあります)を使うことで大幅に作業時間を短縮し、かつ人手によるミスを減らすこともできるようになります。
では、どういったシステムを使えば最も効率良くすることができるのでしょうか?そのための条件は

  1. POSレジ・ハンディシステムが連携
  2. 使い方が簡単
  3. POSレジの売上集計が自動化
  4. 導入・利用コストが低い

1.POSレジとハンディ、キッチンプリンタが連携している。

POSレジ、ハンディ(オーダーエントリー)、プリンタの接続構成は次の図のようになります。
POSレジ、ハンディ(オーダーエントリー)、プリンタの接続イメージ
飲食店用ハンディの役割は、テーブルで注文聞きと同時にメニューをハンディ端末に入力し、即座にキッチンへ指示を伝え、同時にPOSレジに注文情報が自動入力することです。
このことにより、手書きや口頭で厨房に注文内容を伝えるときに起こるミスや会計時にレジで伝票を入力し直すといった作業を減らすことが可能になります。

2.ハンディの使い方が簡単・メニューの登録などを自分で行える。

ハンディの操作が複雑だと、覚えることが増えてしまい、逆にデメリットになります。そのため操作が簡単であることは必須条件です。また、ハンディへのメニュー登録や変更がお店の担当者自身で出来ることもポイントです。メニュー変更があるたびに業者に依頼していたのでは、時間もコストもかかってしまいます。
ハンディを使った具体的な動作デモをこちらの動画で見ることができます。

Androidハンディ BTA-055デモ動画
機能など詳しくは飲食店ハンディ(オーダーエントリー) BTA-055をご覧ください。

3.POSレジの売上集計がクラウド上で自動化される。

POSレジとインターネット上のクラウドを連携させると下図のようになります。
POSレジとクラウドの連携イメージ
POSレジとインターネット上のクラウドデータベースが連携することで会計、売上情報を店舗と離れた事務所や外出先からも確認することができます。そのため、レジ締め後に集計結果をメールやFAXで送信したりする必要がなく、さらに仮締め段階でも売上状況を確認することができます。
複数店舗を運営している場合にはとくに集計の作業時間短縮効果が大きくなります。
飲食店向けPOSレジには業務を効率化するための様々な機能が備わっています。

4.POSレジシステムの導入・利用コストが低い。

人件費を抑えるためのシステム化に費用がかかりすぎていては、本末転倒になってしまいます。また、高額なリースを組んでしまってはその後の運転資金にも影響が出てきます。そのリスクを防ぐためにもPOSレジシステムをレンタルすることをおすすめします。
レンタルPOSレジでは月々4,000円から利用することができるため、少人数でお店を運営する場合にもコスト的な負担はほとんどありません。これまでシステム化に多額の費用がかかり、導入を諦めていたお店でも手軽に利用できます。
また、ハンディ・オーダーエントリーについてもレンタル導入することで新規開業時の投資コストや営業を開始してからのランニングコストを削減することが可能です。
レンタルハンディ・オーダーエントリーについて詳しくはこちら

Summary
Article Name
飲食店ハンディの選び方
Description
飲食店のホール業務を効率的にする「ハンディ」(オーダーエントリーともいいます)。持ち運びできて、オーダーを取るのに便利ですが、購入すると意外に高額です。ここではハンディを使うことで具体的にどんなメリットがあるのか?また低コストでハンディを導入する方法を紹介いたします。
Author
Publisher Name
office24 Co., Ltd.
Publisher Logo
軽減税率対策補助金・IT導入補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
IT導入補助金→POSシステムは2/3(上限100万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

サイト内検索