ラーメン屋に券売機が普及した理由とは?

券売機は現在、多くの飲食店で使うことができますが、中でも一番普及が進んでいる業種は「ラーメン屋」。なぜ、こんなに使われているのでしょうか?ただ便利、というだけではない業界の事情がありました。
ラーメン屋に券売機が普及した理由

外食産業は人手不足状態

券売機により、少ない人員で店舗業務を行うことが可能になります。
誤注文、無銭飲食防止、会計ミス、釣銭の受け渡し間違いをなくすことができるだけでなく、レジ閉めによる集計作業の手間を省くことができるようになります。そのため、最小限の人数で運営、閉店後の作業も減るため人件費を削減することにつながります。

カラフルなビジュアルでメニューを見せることができ、単価が上がる

タッチパネル式券売機の場合、ボタン式に比べて高価になりますが、それを補って余りあるメリットを持っています。最大の特徴は写真やイラスト入りのビジュアルでメニューを大きく見せることができる、という点です。
初めてお店を訪れるお客様はボタンに貼られた商品名を見ただけではどんなものか、不安になってしまうため、注文に迷うと結果として価格の安いほうに流れてしまいます。ところが、写真を大きく使い、コメントなどを挿入することで、価格の高い商品でも気軽に注文しやすく誘導することが可能となります。
このことにより、単価アップだけでなく、おすすめ商品を注文しやすくし、リピート率の向上にもつながります。

「券売機管理」カラフルなビジュアルでメニュー
券売機VALTECではメニューの写真を入れ替えたり、商品名やコメントの変更をパソコンを使っていつでも行うことができます。おすすめメニューやサイドメニューなどもテンプレートから選ぶだけで即座にタッチパネルに反映されます。

データの一括管理ができる

ラーメン店の場合、開業したばかりだと店長兼オーナーとして店頭に立つ機会が多いのですが、経営が順調に軌道に乗り、複数店舗を構えるようになると、店長や現場の運営は別のスタッフに任せて経営に多くの時間を割かれるようになります。また、チェーン店やフランチャイズ(FC)店の場合、本部で各店舗の一括管理を行うため、売り上げ状況の把握をどれだけ早く、正確にできるかは大きな課題です。

店舗にボタン式券売機しかない、あるいは、紙で管理し、オーナーや本部への報告をFAXやメールで行っていると、お店側も受け取る側も集計業務だけに多くの時間を費やしてしまいます。このような状況を改善するには、インターネットに接続された券売機を使うことが最良の方法です。
ネット接続されていれば、券売機に入金された売り上げをクラウド上でまとめてデータ管理できるため、店舗と離れた事務所や自宅、本部でも売り上げ状況を把握することが可能になります。また、ランチタイム、ディナータイムで営業時間をわけている場合も仮締めを行うことで途中時点での売り上げを確認することができます。
券売機複数店舗クラウドデータ管理

開業したばかりでリース審査が通りにくい

とくに飲食業界の場合、開廃業率が高いこともあり、券売機をはじめとした厨房機器類のリース審査が通りにくいようです。
新規で開業したばかりだと「リース審査が通りにくいのが現状です」。店主の修行先が有名かどうかは関係ないそう。そのため、「新品や中古を分割で購入するケースがほとんどです」。
テンポスドットコムにおける、新品と中古の割合は五分五分。「しかし、中古は年数が経過するとメーカーのメンテナンス期間が切れるため、結局高くつくことになります。本気でラーメンで成功したいと考えている店主ほど、新品を購入するのは隠れたトレンドですね」
「ラーメン屋にはなぜ「自動券売機」が普及したのか」より引用
このように、中古を選べば、メーカーのメンテナンス期限が切れ、結果として高くついてしまい、新品を購入するにも元手がかかる上に、リースが通りにくい、という矛盾が発生してしまいます。そこで、考えられるのが、「新品をレンタル」するという方法です。
VALTECなら、新品のタッチパネル式券売機を月額52,000円(税抜)・工事費込みでレンタルすることが可能です。審査不要、初期費用無料なので、開業したばかりのラーメン店オーナーでも簡単、すぐに導入できます。
レンタルのデメリットとしては、長く継続して使っていると、買取りよりも高くついてしまうことがありますが、VALTECのレンタルプランの場合。2年目以降はいつでも買取可能なため、長期間のレンタルによるコスト増をなくすことができます。
券売機のレンタルについてはこちらをご覧ください。

訪日外国人(インバウンド)市場の拡大と多言語語化対応

2016年の訪日外国人客数は2,403万9千人(前年比21.8%増)と発表されました(平成29年1月17日観光庁資料)。2020年には4,000万人という目標も掲げられていることから今後、ますます外国からの観光客が増えると予想されます。一時期のような爆買いは減少傾向にあっても、飲食店とくにラーメン店には海外からのお客様が訪れる機会も増えていくのではないかと思われます。その際に注文や会計をスムーズに行うためにも多言語表示対応の券売機は非常に有効です。
券売機 英語中国語表示
券売機VALTEC 英語・中国語表示画面

【まとめ】ラーメン屋に向いた券売機の選び方

ラーメン屋で券売機の導入を考える場合、次のような点に留意する必要があります。
  • 価格…新品か中古か、一括購入かリースもしくはレンタルか?
  • 機能…おすすめメニューやサイドメニューを表示できえるか?時間帯によってメニューを切り替えることができるか?
  • 更新…簡単にメニューを更新できるか?操作サポートはあるか?
  • 店舗数…単店舗か複数店舗か?ネット上で管理できるか?
  • 多言語…日本語以外での表示も可能か?
これらの条件を念頭に置いた上でお店にふさわしい券売機を選びましょう。
タッチパネル式券売機VALTECでは、ラーメン屋に必要な機能を備えています。

詳しくはこちらをご覧ください。低価格で導入できるラーメン店向けタッチパネル券売機
このエントリーをはてなブックマークに追加