POSレジ・ハンディ・自動釣銭機を導入するには? | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

POSレジ・ハンディ・自動釣銭機を導入するには?

多くのお店に設置されている「レジ」。これから飲食店や小売店、エステサロンや美容室などお店の開業準備をする場合にも「レジ」「POSレジ」「レジシステム」といった言葉で検索することが多いと思います。しかし、「レジ」と「POS」はどこが違うのか?そもそもPOSとは一体何なのか?がよくわからないまま、選んでしまっていることも多いのではないでしょうか?そこで、ここではPOSや周辺機器についてどんな機能を持ち、導入することによってどんなメリットがあるのか解説します。POSを構成しているシステムや機器類がどういう役割をしているのかを理解することによって、自分のお店にはどういうタイプのレジが必要なのか、何を選べば無駄なく運営業務に役立てることができるのか知ることができるようになります。

コンテンツの目次

POSレジシステムの仕組み


POSとは、ある商品の名称、価格、数量、販売した時点の日時など販売記録のことを意味します。「POSレジシステム」とはPOSによる販売情報、それを打ち込んだレジスター、情報を記録しておくデータベース、販売記録を取り出したり、加工したりするためのコンピュータなど関連する仕組みのことを指します。
現在では、POSデータはインターネットを経由してクラウド上に保管されることが多くなっています。
POSシステムの仕組み

  1. POSレジに販売データを打ち込みます。
  2. データが送信され、データベースに保存されます。
  3. データベース内の情報はパソコンなどのデバイスを使い、店舗以外の会社でも閲覧したり、分析ができます。

レジスターとの違い

POSレジもレジスター専用機も会計をする、レシートを発行するといった機能はほとんど違いません。
ただし、POS機能付きレジの場合、会計だけではなく、座席予約管理や顧客管理システム、在庫管理機能が入っていたり、飲食店、小売店、エステサロン、美容室、カラオケボックスなど業種ごとに使いやすくなったりしています。
さらに、売上の自動集計ができるため、いわゆる「レジ閉め」作業がなくなります。
レジスターとの違い

売上が自動的に集計されるということには次のような大きなメリットがあります。

  1. 販売データがリアルタイムにデータベースに保存されるためお店の売上状況がリアルタイムで把握できる。
  2. 閉店後のレジ閉めがないため、人件費が削減できる。
  3. 複数店舗の売上を本社などで一元管理できる。

売上だけでなく、在庫管理もPOSを使えば可能になるため、多くの店舗を構える会社にとってはとくに導入するメリットが大きくなります。

また、据え置き型のレジスターは持ち運びができませんが、タブレット型のPOSシステムであれば、自由に持ち運びができます。
飲食店や小売店で接客しながら同時に会計もできるため、レジに並ぶようなことがなくなり、スピーディな会計と店舗スペースを有効に活用できることも大きなメリットです。
タブレット型POSレジ

テーブルで注文を受けるオーダーエントリー


POSレジを使うと周辺機器と連携してお店の運営を楽にすることができます。飲食店ではオーダーエントリーという注文受付端末を使うことでテーブルでお客様から受けた注文を即座にキッチンに伝えることができます。そのため、オーダーの提供スピードがメモに書いて伝えるよりも圧倒的に早くなり、オーダーミスを防ぐこともできます。
オーダーエントリー
オーダーエントリーに入力された注文内容はPOSレジにも反映されるため、レストランや居酒屋など後会計時に伝票を入力し直す手間がなくなり、お会計がスムーズになります。

オーダーエントリーのメリット

  1. 注文と同時にキッチンへ調理メニューを伝える
  2. POSレジと連携し、伝票の打ち直しがなくなる
  3. タッチするだけなので新人スタッフでも迅速・簡単に注文を入力

商品管理を便利にするハンディターミナル


ハンディターミナルは商品の管理をするために使われる端末です。商品ごとに貼り付けられたバーコードを読み取ることにより、どの商品が販売されたのか?どの商品の在庫がどのくらいあるのか?などを簡単に管理できるようになります。
飲食店構成図 ハンディターミナル
棚卸しを手作業で行うと時間も確認の手間もかかってしまいますが、ハンディターミナルを使うことでこうした作業を大幅に短縮することができるようになります。
ハンディターミナルのメリット

  1. 商品をバーコードで管理できる
  2. 棚卸し、入庫、出庫管理の手間を軽減
  3. 在庫数を簡単に把握できるようになる

自動釣銭機・キャッシュドロア


キャッシュドロアは、お会計時のお金を出し入れするために必須の周辺機器です。受け取ったお金やお釣りを簡易的な金庫などで管理していると盗難に遭ったり、セキュリティ面でもリスクが大きくなります。
自動釣銭機はキャッシュドロアにはない様々な機能を備えています。POSレジの会計情報と連動し、会計時の精算スピードを向上。また釣銭の受け渡しミスをなくし、スタッフの負担を減らすことができるようになります。
自動釣銭機・キャッシュドロア
自動釣銭機のメリット

  1. 会計業務の高速化
  2. 釣銭の受け渡しミス防止
  3. スタッフの作業負担を軽減
Summary
Article Name
POSレジ・ハンディ・自動釣銭機を導入するには?
Description
初めてレジシステムの導入をご検討中なら、失敗しないためのPOSレジシステムの導入方法、必要な周辺機器についてまとめています。レジスターとの違いやオーダーエントリー、ハンディターミナル、自動釣銭機、キャッシュドロアについても解説しています。。
Author
Publisher Name
office24 Co., Ltd.
Publisher Logo
軽減税率対策補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

A4コピー用紙 激安

サイト内検索