0120-972-655 電話受付 平日9:00∼17:30
お問い合わせ   資料ダウンロード  

飲食店開業に必要なPOSレジの選び方 | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

飲食店開業に必要なPOSレジの選び方

飲食店の独立開業で失敗しないPOSレジの選び方
飲食店を開く場合、厨房機器をどうするか?レジはPOSにするべきか、レジでも足りるのか、それとも券売機のほうが良いか?設備はリース、レンタル、それとも現金で一括払いにすべきか?など考えなければならないことはたくさんあります。とくに設備は投資コストが高くなるため、慎重に選びたいところ。こちらでは初めて独立開業される方向けに失敗しないPOSレジやその他機器類の選び方を紹介します。

コンテンツの目次

一般的な構成

飲食店の場合、レジ(POS機能なし)やPOS機能付きレジ(POSレジ)もしくはタブレットPOSにレシートプリンタ、キャッシュドロアを周辺機器として構成するものが最小構成例になります。POSレジやタブレットPOSでは多くの場合、に売上集計機能が付いています。予約管理や顧客管理などの機能が付属しているソフトもあります。また、飲食店の運営をより効率的にするには、ハンディ(オーダーエントリー)や自動釣銭機を追加する、ということもできます。
さらに決済手段を増やし、来店客のニーズに応えるには、決済端末(CAT)はじめ、クレジット決済システムの導入も考えておく必要があります。
POSレジの一般的な構成例

レジの最小構成例 レジ or POSレジ or タブレットPOS
+
売上集計・予約・顧客管理ソフト
+
レシートプリンタ
+
キャッシュドロア
POSレジの追加構成例 POSレジ or タブレットPOS
+
売上集計・予約・顧客管理ソフト
+
レシートプリンタ
+
キャッシュドロア
+
自動釣銭機
+
カスタマディスプレイ
+
ハンディ(オーダーエントリー)
+
クレジット決済(CAT)

券売機を導入する場合、レシートプリンタやキャッシュドロアは必要なくなります。券売機の場合、ラーメンや立ち食いそば、お弁当といった提供までにスピードを求められることがありますので、券売機での注文と同時に厨房にオーダー内容を伝えるキッチンプリンタを導入しておくことで、より回転率を上げることもできるようになります。
券売機設置イメージ

券売機の最小構成例 券売機本体
券売機の追加構成例 券売機本体
+
キッチンプリンタ

次に各製品ごとの特徴やメリット、デメリット、価格帯を記載します。メーカーや機種によって機能や価格、特徴が異なることがありますので参考にご覧ください。

タブレットPOS

タブレットPOS

特徴 本体にはiPadなどを利用し、POS専用のソフト・アプリをインストールするタイプのものと、本体・ソフトともメーカー専用のものを使用するタイプがある。
メリット
  • コンパクトで置き場所をとらないため、レジカウンターのスペースをあまり取ることのできない店舗でも利用しやすい。
  • お店の雰囲気を重視したい場合にもタブレットPOSであれば目立ちにくい。
  • 本体・ソフトともメーカー製の場合は保守やサポートがある。
デメリット
  • 水や油を扱った手で操作すると故障の元になりやすい。
  • 本体がiPadなどアプリと別メーカーの場合、トラブル時の保障がないため、故障時の代替が必要。
価格例 タブレット本体含め5万円〜

POSレジ(設置型)

posレジ

特徴 長く使われてきたタイプであるため、POS専門メーカーにより、様々な製品がある。
メリット
  • タッチパネル画面が大きく、操作しやすい。
  • POS専門メーカーが本体・ソフトとも開発している場合が多いため、細かいニーズに対応できる。
  • 保守やサポートがある。
デメリット
  • 比較的大きく、存在感があるため店舗のイメージに合わないことがある。
  • 高価格になるため、費用負担が大きい。
価格例 50万円〜

レジスター(キャッシュレジスター)

キャッシュレジスター

特徴 POS機能がなく、会計に特化したレジで、メカレジやガチャレジとも呼ばれる。レシートプリンタが付属しているものもある。ネット通販で中古が売られているものもある。
メリット
  • 価格が安い。
  • 必要なくなれば中古オークションに出すことも。
デメリット
  • 複数店舗集計などネットを使った機能はない。
  • ソフトウェアに対応していない。
  • 周辺機器とは連動していない。
  • 保守・サポートがない場合が多い。
価格例 2万円〜

券売機

券売機

特徴 タイプを大きくわけるとボタン式とタッチパネル式がある。会計時の現金のやり取りがなくなり、少ないスタッフでの店舗運営や提供スピードが求められる飲食店に向いている。
メリット
  • 会計の手間がなくなる。
  • 釣銭間違いや現金の盗難防止になる。
  • タッチパネル式の場合、外国語表示や写真表示も。
  • メニュー表を作成する手間がなくなる。
デメリット
  • 置き場所が必要。
  • レジに比べ導入コストが高い。
価格例 ボタン式60万円〜 タッチパネル式150万円〜

キャッシュドロア

キャッシュドロア

特徴 会計時の金銭を出し入れするための機器。レジ本体と連動して、精算時や釣銭準備の時に開けることができる。
価格例 1万円〜

レシートプリンタ

レシートプリンタ

特徴 レジ会計後にレシートを印字できる。接続にはWi-Fi、USB、Blutoothなどが利用できるものがある。印字速度や印字方式に感熱紙(サーマル)かインクかなどの違いがある。
価格例 3万円〜

カスタマディスプレイ

カスタマディスプレイ

特徴 会計の際にお客様に金額を表示するためのディスプレイ。漢字が表示できるものや、表示可能な文字数、サイズによる違いがある。
価格例 2万円〜

自動釣銭機

自動釣銭機

特徴 レジ会計の金銭授受時、釣銭の間違いや盗難などのトラブルを防止し、スムーズな会計が行える。キャッシュドロアと一体型のもの別売のものがある。
価格例 50万円〜

ハンディ(オーダーエントリー)

ハンディ(オーダーエントリー)

特徴 持ち運びでき、テーブルでの注文を入力が可能になる端末。キッチンプリンタと連動している場合、注文受けから厨房へのオーダー指示がスムーズに。POSレジと連動し、会計時の伝票入力の手間を省くこともできるようになる。従来のハンディとは別にセルフ型のオーダーエントリーも出ている。

クレジット決済(CAT)

クレジット決済端末(CAT)

特徴 CATはクレジットカードを読み取り決済する端末。クレジットカード決済を行うには決済端末と加盟店登録が必要になる。CATは購入もできるが、加盟店登録の際に無料で提供されることもある。

ソフトウェア(アプリ)

飲食店用ソフトウェア

特徴 POSレジを導入する場合、各種ソフトが付属していることが多い。使える機能や性能は開発メーカーによって差がある。iPadなどを使い、POSアプリをインストールする場合はこのソフトのみを指し、クラウド型POSはソフトウェアの利用料を月額で支払うことになる。無料アプリのような汎用的なものと飲食店用にカスタマイズされ、顧客管理・予約管理・座席登録・分割精算といった専用の機能が付いたものがある。
また、電話受付と連動し、電話がかかってきたと同時に顧客名・来店履歴を表示したり、予約登録を行うことができるCTIシステムに対応したソフトもあり、サービスを拡充することができる。

リースとレンタルの比較

各設備導入時には通常、リース・レンタル・現金での一括購入のいずれかを選ぶことになります。手元の資金や今後の計画とも照らし合わせて無理のない方法を選択します。

リース

メリット

  • 初期費用が小額もしくはかからない
  • レンタルよりも毎月の支払金額が安い

デメリット

  • 途中で解約できない
  • リース会社の審査が必要
レンタル

メリット

  • 短期間でも借りることが出来る
  • いつでも解約ができる
  • 減価償却や固定資産税が発生しない

デメリット

  • リースよりも毎月の支払額が高い
  • 機種やモデルが選べない
現金

メリット

  • 総額の支払いが一番安い

デメリット

  • まとまったお金が必要
  • 固定資産税に関わる減価償却管理が必要(10万円以上)

飲食店向けPOSレジの選び方

POSレジ本体やタブレットPOSの場合、実際に購入する前にデモができるかメーカーに問い合わせてみましょう。ショールームなどで操作感を試してたり、使い方やサポートを聞いた上で決定します。
その際にリースが良いか、レンタルが可能か?といったことも質問しておくと良いでしょう。
ソフトは各メーカーの違いが出やすいところです。できれば、汎用的なものよりも飲食店向けに開発されたソフトを使用することがベストです。無料アプリでアプリを使った場合も、必要な機能の追加は別途有料だったり、後で乗り換えが効きにくくなることもあるので注意が必要です。

飲食店の独立開業時にはどんな機器が必要なのか?POSレジと券売機どちらが自分のお店に合っているのか?どんなソフトが良いのか?リースやレンタルどちらが良いのか?など、わからないことも多いこと思います。開業にあたっての相談や質問など何でもお気軽にご依頼ください。全国のショールームでも対応させていただきます。お問い合わせはこちら

券売機についてはこちらのサイトをご覧ください。
多言語対応タッチパネル式券売機 VALTEC

Summary
Article Name
飲食店開業に必要なPOSレジの選び方
Description
飲食店の開業・独立・起業時に必要な設備・厨房機器。レジはPOSにするべきか、それとも券売機のほうが良いか?設備はリース、レンタル、それとも現金で一括払いにすべきか?など考えなければならないことはたくさんあります。無料POSレジアプリとの比較など、設備投資で失敗しないためにレジ導入前の参考にご覧ください。
Author
Publisher Name
office24 Co., Ltd.
Publisher Logo
軽減税率対策補助金・IT導入補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
IT導入補助金→POSシステムは2/3(上限100万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

サイト内検索