飲食店・美容院向けPOSレジでのメール配信文例 | POSレジ ニュース

POSレジ | FreePOS(フリーポス)

飲食店・美容院向けPOSレジでのメール配信文例

飲食店・美容院・エステ向け開封率を上げるメール文例
飲食店、美容院、エステサロンなどではキャンペーンや来店時のお礼にコストが低く、即配信できる便利さからDMよりもメールを利用されるケースが増えています。その際に良いタイトルやキャッチ、文章が思い浮かばないと悩まれていないでしょうか?メール販促を行う場合のタイトルや文章にちょっとした工夫を入れることで開封率や来店率を上げることが可能になります。その方法を紹介いたします。

コンテンツの目次

メールの開封率を上げるには?

受信したメールを読むか読まないか判断するのは、メールのタイトルと送信元の名前です。どんなに良い内容のメールでも、タイトルや送信元から自分に関係がない、と判断されれば開封すらされません。広告やスパムメールを受け取ることも多くなっているため、一目で不要と判断されれば即座にゴミ箱行きになってしまいます。そのため、メールを送る際には次のようなことを行っておく必要があります。

  • 送信元名はメールアドレスではなく、店名を表示させる。
  • タイトルには受信者(お客様自身)の名前を入れる。

この2つを実行するだけで、メールの開封率は向上します。送信元名がメールアドレスのままになっているかどうかは、自分のメールアドレスあてに送信してみると確認することができます。もし、メールアドレスのままになっているようなら、お使いのメールソフトで店舗名が表示されるように設定しましょう。タイトルにお客様ごとの名前を入れるには、数が少ない場合、一名ずつ手入力でも可能ですが、数十名から数百名になると一件ずつ手入力していくことは大きな負担となってしまいます。そのため、自動でそれぞれのお客様名を出力できる顧客管理と連動した専用のメール配信システムを使うことで負担を大幅に軽減することができます。

メール配信システムを使うメリット

一斉にメールを送信するシステムは多くありますが、全員に同じ内容のメールを送ることしかできません。その場合、受信者には自分あてのメールだと思われないため、見過ごしてしまう確率が高くなります。そこで、顧客管理と連動したメール配信システムを使うことで次のようなメリットを生み出すことができるようになります。

  1. タイトルや本文にお客様ごとの名前を個別に表示できる。
  2. 年齢や性別など条件別による配信が可能。
  3. 来店日・◯日前・◯日後、最終来店日から◯日といった配信条件も設定可能。

POSレジ連動

FreePOSのPOSレジは標準で顧客管理システムと連動したメール配信システムを備えているため、上記のようなメリットを生かしたメール配信を行うことが可能になります。

飲食店POSのメール配信では、「ステップメール」「メルマガ」配信の2つのタイプがあり、「ステップメール」では「売上を元に送信」または「予約日を元に送信」を選択。配信日を売上もしくは予約の何日後という指定で該当するお客様にのみメールを送ることができます。その際に自動で顧客管理に登録された名前が差し込まれるように設定ができます。
さらに、「抽出型ステップメール」があり、顧客情報に登録されている内容(年齢、職業、来店動機、住所、生年月日など)に当てはまるお客様にのみメールを配信することが可能です。

美容院・エステサロン向けPOSレジでは、飲食POSと同様、「メルマガ」「ステップメール」「抽出型ステップメール」をご利用いただくことができます。サロンPOSは美容院・エステ以外にもネイルサロンやリラクゼーションサロン、整体院、接骨院でも利用することができます。

次に、飲食店・美容院・エステサロン向けのメール挨拶文例をよくあるケース別に掲載していきます。

来店のお礼

飲食店の来店お礼メール文例

タイトル:○○様 【○○○(店名)】ご来店のお礼
○○様
○○○(店名)にご来店いただき誠に有難うございます。
お食事はお気に召していただけましたでしょうか?

次回お越しの際に、本メールをご持参いただければ、ワンドリンクを無料サービスさせていただきます。
ぜひ、ご利用くださいませ。
○○様のご来店を心よりお待ち申しております。

美容院の来店お礼メール文例

タイトル:○○様 【○○○(店名)】ご来店のお礼
○○様
○○○(店名)にご来店いただき誠に有難うございます。
当店のカットはお気に召していただけましたでしょうか?

次回ご来店の際に、本メールをご持参いただければ、カット・氏名料金を通常料金より◯◯%サービスさせていただきます。
ぜひ、ご利用くださいませ。
○○様のご来店を心よりお待ち申しております。

エステサロンの来店お礼メール文例

タイトル:○○様 ご来店ありがとうございました!
先日は○○○(店名)にご来店頂きまことにありがとうございました。
効果は実感していただけましたでしょうか?
その後のケアについてはなんなりとご質問くださいませ。
○○様のまたのご来店お待ちしております!

次回ご来店の際に、本メールをご持参いただければ、コース料金を通常料金より◯◯%サービスさせていただきます。
ぜひ、ご利用くださいませ。
○○様のご来店を心よりお待ち申しております。

新店舗オープンのメール挨拶文例(飲食店・美容院・エステ)

タイトル:○○様 「○○○(新店名)」オープンキャンペーンのご案内
○○様
いつも○○○(店名)をご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび「○○○(特徴・ウリなど)」をコンセプトとした「○○○(新店名)」が○○○(地域名)グランドオープンいたします。
オープンは○月○日(○)○時となります。
「○○○(新店名)」ではオープンキャンペーンとして○月○日(○)まで
《○○○を○○○(キャンペーン内容)》にてご提供させていただきます。
○○様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
今後とも、よりいっそうのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

リニューアルオープンのメール挨拶文例(飲食店・美容院・エステ)

タイトル:○○様 「○○○(店名)」リニューアルオープン・キャンペーンのご案内
○○様
いつも○○○(店名)をご利用いただき誠にありがとうございます。
このたび当店は○月○日(○)よりリニューアルオープンいたします。
「○○○(特徴・ウリなど)」をコンセプトに、より一層充実したメニューと、ゆったりくつろげる空間を備えた新たな店舗として生まれ変わります。
これもひとえに○○様のお引き立てがあってこそのことと、スタッフ一同感謝申し上げます。
感謝の意味を込めまして、リニューアルキャンペーンを○月○日(○)から○月○日(○)まで
《○○○を○○○(キャンペーン内容)》にてご提供させていただきます。
○○様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

一周年記念のご案内のメール挨拶文例(飲食店・美容院・エステ)

タイトル:○○様 「○○○(店名)」一周年記念キャンペーンのご案内
○○様
いつも○○○(店名)をご利用いただき誠にありがとうございます。
おかげさまでこのたび当店は開店1周年を迎えることとなりました。
つきましては、感謝の気持ちを込めまして ○月○日(○)より《○○○を○○○(キャンペーン内容)》をご提供させていただきます。
○○様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申しております。

お詫びメール例文(飲食店・美容院・エステ)

予約日時取り違いについての謝罪メール文例

タイトル:○○様 【○○○(店名)】予約日時の取り違いのお詫び
○○様
○○店・店長の○○でございます。

(何度か利用されているお客様に対して)いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度はご予約を入れていただいたにも関わらず、当店の不手際によりご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

今後、二度とこのような手違いが起こりませんよう、スタッフ一同、最大限の注意を払いサービスに努めさせていただきます。
今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます。

会計、釣銭受け渡し間違いの謝罪メール文例

タイトル:○○様 【○○○(店名)】お会計に関してのお詫び
○○様
○○店・店長の○○でございます。

平素は当店へご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本日は、お会計の際にお支払代金の釣銭を少なくお渡ししてしまい、大変申し訳ございません。当店の不手際によりご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

今後、二度とこのような手違いが起こりませんよう、スタッフ一同、最大限の注意を払いサービスに努めさせていただきます。
今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます。

上記のような予約日時の間違いは、飲食店向け予約管理システムサロン用予約管理システム自動釣銭機を使用することで防止することも可能になります。

Summary
Article Name
飲食店・美容院向けPOSレジでのメール配信文例
Description
飲食店、エステサロン、美容室、美容院、ヘアサロン、まつげサロン、メール文例、来店御礼、挨拶、キャンペーン告知、謝罪、一周年記念、新店オープン、メールテンプレート、メール開封率、顧客管理、POSレジ、メール配信システム。
Author
Publisher Name
office24 Co., Ltd.
Publisher Logo
軽減税率対策補助金・IT導入補助金対象軽減税率対策補助金→POSシステムは2/3(上限20万円)、さらに設定費用等の2/3(上限20万円)
IT導入補助金→POSシステムは2/3(上限100万円)
申請のご相談はこちら→

※軽減税率対策補助金を受けるために申請が必要です。申請が通ると、実質負担額がPOSシステムは導入にかかった費用の2/3(上限20万円)、設定費用等は2/3(上限20万円)となります。
※当社では、お客様の申請をスムーズにするため、代理申請協力店となりお客様の代理で補助金の申請を行います。

POSレジ導入でお悩みなら

次の様なことに当てはまる方はお気軽にご相談ください。

  • POSが本当に必要かどうか迷っている
  • どんなことができるのかデモを見たい
  • 導入費用やランニングコストがどのくらいかかるのか知りたい
  • どんな周辺機器が必要か知りたい
  • クレジット決済を導入したい
  • タブレットPOSを試しに使ってみたい

専門スタッフがお悩みに丁寧にお答えいたします。

サイト内検索