居抜き物件のメリット・デメリット

これから飲食店を新規で出店、または2店舗目以降の開店を検討されている経営者・オーナー様にメリットのある「居抜き」という出店形態について解説いたします。
居抜き物件のメリット・デメリット

居抜き物件・居抜き出店とは?

「居抜き」とは、出店時に旧テナントが利用していた設備や内装を引き継いだかたちで新店舗をオープンさせる出店形態のことを指します。
一方、「スケルトン」とは内装や設備などがない、コンクリート打ちっ放しの状態で新規に店舗を設計していくことを指します。
居抜き出店を利用した場合、閉店するテナントにとっては、原状回復コスト(物件を借りる前の状態に戻す)を節約でき、借りる側にとっても出店にかかる費用を削減できるといったメリットがあります。

居抜きに向いている業態

飲食店、美容室・美容院、エステサロン、歯科医、小売店など、設備に初期投資がかかる業種にとっては、旧テナントが使っていた設備をそのまま利用できることはコスト削減を考える上で大きなプラスになります。

退出されるオーナー側にすれば、解体工事や使用していた什器・設備の処分にかかるコストを省くことができ、比較的新しいものに関しては、テナントの新しいオーナーに売却することも可能になります。

新オーナー側にとっては、数百万から数千万する設備・器具を数分の一で購入することや内装代がかからなくて済むメリットがあります。ただし、そのままではイメージに合わない場合は改装が必要になったり、設備・器具が古くなっていたり、使用感に満足できない場合は買い替えが必要になることがあります。

居抜き物件のメリット

新規に出店するテナントにとっては、初期投資を抑えることができる、ランニングコストを削減できる、開店までのスピードを早くすることができるといったメリットがあります。
退出されるテナントにとっては、解体費用、現状回復費用を節約できる、設備などの譲渡による収入を得ることができ、また物件オーナーにとっても、空室期間をつくらず、賃貸収入を途切れなく得られるといったメリットが発生します。

居抜き物件のデメリット

旧店舗の設備や内装を利用する場合、スケルトンよりも短期間・低コストで開店させることができる一方で、お店の雰囲気をガラッと変えようとすると余計に費用や工事に期間がかかってしまうことがあります。
また設備が中古のため、保証がなかったり、修理・メンテナンスにコストが新品以上にかかることがあります。

居抜き物件の探し方

出店を考えている地域の不動産屋に足を運んでみる以外にも、専門的に居抜き物件情報だけを取り扱っているサイトから探すことができます。
それぞれに特徴がありますが、中には保証金・内装造作・設備をまるごとリースし、店舗オーナーに転貸するサブリースというサービスを行っている「店舗まるごと.com」というサイトもあります。
出店する業態や地域、サービスに合った物件探しと条件によって、居抜きにするか、スケルトンにするかを選ぶことが出店で失敗しないために大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加