飲食店の人手不足、すぐにできる3つの解消方法

飲食店を運営し、お客様により良いサービス、料理を提供するし続けていくためにアルバイトやパート、正社員といった人材の確保は最重要課題です。
しかし昨今、飲食サービス業自体に人材が集まりにくくなっており、新規求人件数は増加の一歩をたどっていることを示す統計が発表されています。 このことは、せっかく従業員を雇っても長続きせず辞めてしまい、また新たに求人をかけないといけなくなる、という状況も示しています。

では、飲食店で従業員を確保し、安定したお店の運営を続けていくためには、どういった施策が必要になるのでしょうか?
慢性的な人手不足になっていませんか?あなたのお店の従業員不足を解消する3つの方法
厚生労働省発表 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

飲食店が人手不足になってしまう原因

①人材の確保が困難。求人広告を出しても集まらない。

以前問題になった「ワンオペ」に代表されるように飲食業界はキツイ、労働時間が長い、ハードといったイメージが定着しており、健全な労働環境のお店であっても、人が集まりにくい雰囲気が出来てしまっています。
求人広告の限られたスペースだけでは、働くお店の環境や実際に働いている従業員の声まで掲載することは困難です。
そのため、お店のホームページを使ったり、ツイッターやフェイスブックといったSNSを通してお店の良さをアピールすることや、タイムカードを導入するといった工夫が必要になってきます。

②採用した従業員が短期間で辞めてしまう。

せっかく採用しても、長続きせず辞めてしまうとそれまでにせっかく研修で費やした時間が無駄になってしまい、新しい人材が見つかるまで他の従業員に負担がかかる、さらにそのことが次に辞めてしまう原因になってしまうという負の連鎖になる可能性があります。
福岡市のある居酒屋では、入社希望者とビジョンについて語り合い「自分たちがどこに向かい、何を焦点にするのか」を明確にし、共有していくことで「人を育てる」ということに重点を置いています。働く人同士の意識を高め、単純作業や代えがきく、といった意識を変えていく必要があります。

対策まとめ

①人材確保のために。

広告や時給だけに頼るのではなく、SNSやブログなどで店長やお店の良さをアピールし、一緒に働きたいと思ってもらう。

②長続きしてもらうために。

数週間から1ヶ月程度のトライアル期間を設ける。長時間労働や残業などの無理をしない、させない。定期的に面談を行うなどコミュニケーションをしっかり取る。

それでも人が足りなくなったら・・・

③より良いサービスを提供するために。

券売機の導入により、注文を取りにいく時間や会計を人任せにする手間をカット。オペレーションの負担を可能な限りカットすることで少ない人数でお店を回転させることができます。
また、人件費や求人広告にかける費用、研修にかかる時間的コストを削減できることで、お客様に提供する商品の価格を下げ、競争力を上げることにもつながります。

券売機 VALTECの導入事例についてはこちらをご覧ください。
券売機の導入により人件費カットと売上アップに成功した事例
このエントリーをはてなブックマークに追加