飲食店コスト削減・経費削減に繋がるアイデア、役立つ記事をまとめています。

飲食店をIoT化するメリット

飲食店をIoT化するメリット

Monday, November 14, 2016, 06:30

昨年から大きな話題になっている「IoT」。言葉は知っていても、実態がよくわかない、飲食店経営には関係ないんじゃないの?と思われるかもしれません。しかし、IoTは飲食店に大きな恩恵をもたらす可能性があるものです。すでに家電やホテル、自動販売機もIoT化され始めており、その効果も認められてきています。これを生かし、飲食店経営にコスト削減と売上向上に役立てるにはどうすれば良いかを見ていきます。 IoTとは? IoTは「Internet Of Things」の略で日本語では「モノのインターネット化」のような呼ばれ方もします。もう少し詳しくいうと、「あるゆるモノがインターネットに接続されている状態」になります。 このIoTという言葉自体は1999年から存在していますが、当時はセンサーやプロセッサ、通信にかかる費用が高額でかつサイズも大きかったため一般化されませんでした。 それが近年になってハード・通信コストの低価格化、サイズの小型化が進み、スマートフォンの普及によって一気にIoTが一般消費者にも手軽に利用できるようになってきました。

飲食店をIoT化するメリット

「おもてなし規格認証2016」の登録方法

「おもてなし規格認証2016」の登録方法

Saturday, August 27, 2016, 23:31

8月25日に一般社団法人サービスデザイン推進協議会が登録を開始した「おもてなし規格認証2016」。飲食店やその他のサービスも対象となっており、無料で申請でき、一定の基準を満たせば登録証とマークを印刷し、店頭等に掲出することができます。そのことにより、お店が提供するサービスの品質や取組について、お客様にPRすることが可能です。サービス品質を「見える化」することでお客様に安心して利用してもらえる、販売者、消費者双方にメリットのある「おもてなし規格認証2016」について紹介いたします。

「おもてなし規格認証2016」の登録方法の続きを読む

安くて美味い人気店になる飲食店経営とは?

安くて美味い人気店になる飲食店経営とは?

Wednesday, August 03, 2016, 11:51

近年、食の安全性に関する問題がメディアでも大きく取り上げられたことなどから、ただ安いだけの飲食店ではお客さんの関心を引くことができなくなってきています。 安全性や品質を求めるとそのぶん、価格にも反映され、値段が高くなってしまうのは、当然ですが、各お店の努力により、低価格ながらも良い品質のメニューを提供できるようです。 今回、1杯250円で1日600杯以上を売り上げるラーメン店、国産の素材を使いながらも200円での提供を実現した東京都足立区のカレー専門店、一品100円のパン屋、大衆居酒屋の事例から格安かつ人気店になるための方法を紹介します。

安くて美味い人気店になる飲食店経営とは? の続き

リンガーハット、ハングリーヘブン、券売機で飲食店が「二毛作」メニュー開発を成功させる方法

リンガーハット、ハングリーヘブン、券売機で飲食店が「二毛作」メニュー開発を成功させる方法

Saturday, July 30, 2016, 00:25

1つの店舗で昼と夜のメニューを切り替え、それぞれの時間帯に合った料理を提供する「二毛作」。取り組んではみたいけど、実際には、手間や材料費を考えると難しい、と悩んでいる経営者も多いのではないでしょうか? 今回は業種の垣根を越えた大手チェーンの展開事例、仕入れ原価を上げることなく、余った材料を使用することで大成功したハンバーガーショップの例を基に二毛作を成功させるポイントを紹介。また、業態を変えた二毛作が難しいお店の場合の客単価アップの方法も最後に記載いたします。

リンガーハット、ハングリーヘブン、券売機で飲食店が「二毛作」メニュー開発を成功させる方法 の続きを読む

飲食店の人手不足、すぐにできる3つの解消方法

飲食店の人手不足、すぐにできる3つの解消方法

Tuesday, June 21, 2016, 02:43

飲食店を運営し、お客様により良いサービス、料理を提供するし続けていくためにアルバイトやパート、正社員といった人材の確保は最重要課題です。 しかし昨今、飲食サービス業自体に人材が集まりにくくなっており、新規求人件数は増加の一歩をたどっていることを示す統計が発表されています。 このことは、せっかく従業員を雇っても長続きせず辞めてしまい、また新たに求人をかけないといけなくなる、という状況も示しています。 では、飲食店で従業員を確保し、安定したお店の運営を続けていくためには、どういった施策が必要になるのでしょうか? 厚生労働省発表 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

慢性的な人手不足になっていませんか? の続きを読む

飲食店・小規模事業主向け 助成金・補助金まとめ

飲食店・小規模事業主向け 助成金・補助金まとめ

Sunday, November 15, 2015, 02:37

飲食店を開業したい、新たに設備を入れたい、でも費用が心配。借り入れはリスクが大きい。と思うことはないでしょうか? そんなとき、省庁や自治体が実施している助成金・補助金制度を利用することで、資金面でのリスクを抑えながら開業、事業の拡大を行うことが可能になります。 小規模の飲食店でもすぐに取り組める助成金制度を紹介いたします。

飲食店・小規模事業主向け 助成金・補助金まとめの続きを読む

中食(お弁当店)の券売機導入による人手不足解消方法

中食(お弁当店)の券売機導入による人手不足解消方法

Saturday, October 03, 2015, 09:42

厚労省がまとめた2015年8月の労働経済調査でパートタイム労働者を「不足」とした回答の割合が宿泊業・飲食サービス業で56%と発表されました。 人手不足を解消するために自動券売機を導入することによる解決を積極的に試みているチェーン店も現れています。 具体的に券売機・食券機がどのように使われ、どんなメリットがあるのかをご紹介いたします。

中食(お弁当店)の券売機導入コスト削減方法 の続きを読む

サイゼリヤが実施しているコスト削減と生産性向上の方法

サイゼリヤが実施しているコスト削減と生産性向上の方法

Friday, September 25, 2015, 09:44

飲食店の店長が抱える大きな悩みとして、よく挙げられるものに、労働時間の長さ、チェーン・フランチャイズの場合、本部への売上集計報告の手間、金銭管理、アルバイトやパートのシフト管理、人件費削減があります。 管理業務をこなした上で、売上も求められる。店長としてやりがいがある一方、大変な作業は少しでも減らしたい、というのが本音ではないでしょうか? こういった問題を解決し、モチベーションを高めるにはどうしたら良いのかサイゼリヤ事例を紹介いたします。

サイゼリヤが実施しているコスト削減と生産性向上の方法 の続きはこちら

《多言語化に取り組む飲食店様に》外国人旅行者の受入れに施設の分煙環境整備補助金

《多言語化に取り組む飲食店様に》外国人旅行者の受入れに施設の分煙環境整備補助金

Monday, August 17, 2015, 06:36

東京都によると、多言語対応(例:ホームページ、メニュー等の外国語による表記)に取り組んでいる、または取り組もうとしており、外国人旅行者受入れに積極的な宿泊・飲食施設のうち一定の条件を満たすことで、補助対象経費の5分の4以内で、1施設につき300万円を限度に補助が出ることが発表されました(平成27年7月17日)。 平成27年度新規事業 宿泊・飲食施設の分煙化を支援します!外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金

《多言語化に取り組む飲食店様に》の続きを読む

飲食店のWEB集客方法 必ずおさえたい8つの無料ウェブサービス

飲食店のWEB集客方法 必ずおさえたい8つの無料ウェブサービス

Friday, July 17, 2015, 18:22

いまや飲食店での集客においてインターネットの利用は欠かせないものとなっています。 しかし、お店のホームページは立ち上げたものの中々アクセスが増えない、集客に結びつかない、広告などで余計にコストが増えた、といった悩みも多いのではないでしょうか? そこで、効果的にかつ無料でWEBから集客する方法をご紹介いたします。

飲食店のWEB集客方法 必ずおさえたい8つの無料ウェブサービスの続きを読む